発達障害の子供とうまく付き合っていく為に

発達障害の子供を育てている家族のブログです。連れ子なので妻は息子に会って数ヶ月ですが、一緒に頑張ってます。

子供相談所で話すると意外な言葉が

昨日、妻が子供相談所に行ってきました。

言うことを聞かない、約束を守れない、衝動的でどう育てていいかわからない。
発達障害の子供を持つ親なら、誰もが思うんじゃないですか?

でも、子供相談所での話では、「色々な本が出てるけど、そんなのは参考にしかならない。発達障害であろうがなかろうが、子供はそれぞれ違うし、育て方も違う。どう育てたらいいのかは、一番身近にいるお母さんがわかっているでしょ?」と。
ようは、どんな母親でも、悩む事はあるし、これでいいのか?と思う粉ともあります。
でも、それでいいんです。愛情を持って怒ったり、注意したり、時には誉めたり。
それが子供には一番いいんです。

そんな話だったみたいです。

いつも通りやればいい。

ただ、重要なことは、どんな事でもいいから、1日に一回は必ず誉めること。
これだけは、忘れないようにと言ってました。

誉めるって、なかなか難しいですよね?
私もそうです。
誉めようとは思うんですけど、なかなか···ね。

脳が喜ぶ!ホメ上手! 脳科学に基づいた褒める技!完全解説版! (単行本・ムック) / 吉田たかよし/著

価格:1,707円
(2018/6/1 06:02時点)
感想(0件)


こういう本でも読んで、勉強してみるかな?

そして、もっと意外だったのは、言うことを聞かなかったり、約束を守れなかったりするのは、発達障害はあまり関係がないとのこと。
どんな子供でも、そういう時期がある。
そこで、駄目なことは駄目だと注意されて、大人になっていく。
言うことを聞かないのは、ある意味しょうがないことなんだと。

そこで、イライラしたら、とにかく子供から離れなさいと言ってました。
感情的になって怒るのは駄目だということです。

なんだか、いつもやってる事に少し付け加えただけの事なんですけど、なるほどと思いますね。

子供はそんなもんなんだ。
そう思うだけで、気分が楽になるもんです。